Pioneer F-120

Pioneer F-120 をゲット!

2007年12月7日、ヤフオクにて F-120D のご先祖様の Pioneer F-120 を910円で入手しました。 PLL シンセサイザー FM/AM チューナーで、1982年発売開始モデルです。

後継機の F-120D との違いを見極めたかった。

出品者のコメントは以下の通りです。



早速、程度&動作チェック



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良く、部品が綺麗に整然と並んでいます。 F-120 は同社の F-120D の原型で、回路構成は非常によく似ています。 F-120 の基板はベークライトですが、F-120D は紙エポキシです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. 大型のかなり良い電源トランスを使っています。 AC100V 入力、AC17V(8.5V×2)12VA の仕様です。 F-120D のトランスとは異なります。

  3. 重要部分にはグレードの高い半固定抵抗器(青色のもの)が使われています。

  4. 右図は全体の構成図です。 図をクリックすると拡大写真を表示できます。

  5. FM フロントエンド部はオール FET で4連バリキャップ方式です。 [アンテナ]→[シングル同調 (Dual Gate FET)]→[ダブル同調]→[バランスドミクサ (FET×2)]←[OSC同調 (FET)] の構成です。 同調回路はトラッキング調整できる構成です。 なかなか凝った作りです。 F-120D ではバランスドミクサにはトランジスタが使われています。 高調波発生の点からは F-120 のほうが FET なので、やや有利と思います。

  6. FM IF 部は CF フィルター5個+uPC1163H 2個+PA3007 の構成です。 F-120D では CF フィルターは9個あって、この面では F-120 よりグレードが高いです。 しかし、IF 入力部は F-120 のようなパラレル接続 FET×2本×2回路という構成になっておらず、グレードが下がっています。 トータルでは F-120 のほうが F-120D よりコストがかかっているようです。

  7. パルスカウント検波+ステレオ分離部は PA5006+PA5007 で構成しセットで動作します。 パルスカウント検波前に 20.14MHz のクリスタル発振器にて IF 周波数を 10.7MHz×2−20.14MHz=1.26MHz に変換します。 これを一気にパルスカウント検波&ステレオ分離します。 この方式を DDD(Digital Direct Decoder) と呼びます。 F-120D は DDD TypeUとなっていますが、回路図を見た限りでは F-120 と全然変わらないです。 (L, R, C などの部品定数は若干違います。)

  8. パイロット信号キャンセラーは M5218 オペアンプを使ったアクティブフィルタ構成です。 F-120D と同じです。

  9. AM 受信部は LA1247 で全てを行っています。 2連バリキャップのフロントエンド構成ですが、RF 同調回路を一旦 FET でバッファしています。 Pioneer のチューナーが他社のチューナーより AM の感度が良いのは、この FET バッファのおかげです。 F-120D と同じです。

  10. IC を使用して合理化が図られています。 主な IC は以下です。 使用 IC は F-120D とほぼ同じですが、F-120 で PA3007 のところが F-120D では PA5008 となっています。 PA5008 では PA3007 の機能に更に MPX 機能が追加されていますが、この機能は使われないので、結局、性能的にはどちらでも変わらないと思います。


  11. 使用 IC のロット番号より、この F-120 は1982年製と判明しました。



修理



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. F-120 の輸出版の F-90 のサービスマニュアルの一部を参照することができたので、このマニュアルを元に手順作成しました。



  2. AM 受信部の調整

  3. FM 受信部の調整

  4. REC LEVEL CHECK 信号レベルの調整

  5. MPX 部の調整



使ってみました

  1. デザインが良い

  2. ステーションメモリの利用方法は「FM8局/AM8局」または「FM/AMランダム8局」に背面のスライドスイッチで切換できます。 普通には FM8局/AM8局 のモードが使いやすいです。

  3. FM ステレオセパレーションと音質はかなり良いです。 スッキリとしているが比較的柔らかい音で、やはり、パイオニアトーンです。

  4. FM アンテナ入力は F 端子なので、雑音電波が混入しないです。

  5. AM の感度はかなり良いです。 音質は普通です。

  6. かなり満足度の高いチューナーです



仕様&その他