Victor FX-711 (2号機)

Victor FX-711 (2号機) をゲット!

2009年12月12日、 Victor FX-711 の動作不良品を YAMAHA CT-800 の修理のお駄賃にいただきました。

この写真は入手直後のもので、我が家で一番電波の強い 80.0MHz (FM Tokyo) しか受信できませんでした。 シグナルレベルも異様に低く表示されました。

さてさて、直るかな???

FX-711 は以前にも入手 していますが、この時は SSG などを持っていなかったので正しい評価ができませんでした。 そこで、今回、全面的な再評価をしました。



程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 電源 ON してチェック



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良いです。 部品が整然と並んでいます。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。


  3. FM フロントエンド

  4. FM IF 部

  5. FM 検波部

  6. FM MPX 部

  7. AM 受信部

  8. これまでに説明した全体像が判るブロック図を以下に示します。 素晴らしい回路構成であることが判ります。





修理&クリーニング

  1. 修理

  2. クリーニング

  3. 追加修理

    1. 2010年3月28日、プリセットメモリ不具合修理

      • 少し使っていたら、プリセットメモリの記憶が1日は持つが2日は持たないということが判明しました。

      • 原因は、フロントパネル基板に搭載されている「電気二層コンデンサの容量抜け」です。

      • フロントパネル基板上の電気二層コンデンサを 0.047F 5.5V → 0.22F 5.5V に交換して完全に直りました。 写真は不良だった電気二層コンデンサです。

    2. 2010年8月28日、タクトスイッチ全数交換

      1. 操作ボタンで [REC CAL] と [8] ボタンの効きが悪いことが判っていましたが、タクトスイッチが入手できたので交換しました。

      2. 軸長が基板面から 9.5mm のタクトスイッチです。

      3. 全部で32個ありましたが、全数交換しました。 千石電商 で1個20円でした。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FX-711 の調整ポイントは以下の通りです。



  2. 電圧チェック

    測定ポイント 標準値 (V) 実測値 (V) 備考
    Q801-E +30 +29.41 VT 電源
    Q803-E +12 +12.05 オーディオ電源
    Q808-E -12 -13.13 オーディオ電源
    Q805-E +5 +5.17 ロジック電源
    J705-3pin +5.6 +5.62 MCU 電源
    J705-5pin -35 -34.05 FL 電源

  3. FM 受信部

    手順 SSG周波数 SSG出力 FX-711 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : FM
    REC CAL : OFF
    RF MODE : DX
    IF BAND : NARROW
    MODE : MONO
    - -  
    2 - - 76.0MHz 受信 L151 TP101 電圧 = 7.5±0.1V VT low
    3 - - 90.0MHz 受信 TC105 TP101 電圧 = 22.0±0.1V VT high
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 76MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 30dB
    76MHz 受信 L103
    L104
    L105
    L106
    dB 表示 = 最大  
    6 90MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 30dB
    90MHz 受信 TC101
    TC102
    TC103
    TC104
    dB 表示 = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 83MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 30dB
    83MHz 受信 T101 dB 表示 = 最大 IF 調整
    9 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T206 TP103 電圧 = 0±1.5mV 同調点調整
    10 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T207 D205 センタ波形 = 最大 PLL 検波調整
    オシロスコープで観測
    11 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T208 R246 フロント側電圧 = 0V PLL 検波調整
    NUL 調整
    12 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 60dB
    83MHz 受信 VR602
    (FM dB 1)
    dB 表示 = 60dB  
    13 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 30dB
    83MHz 受信 VR601
    (FM dB 2)
    dB 表示 = 30dB  
    14 - - - - 手順12と13を数回繰り返す S メータ調整
    15 83MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 20dB
    MODE : AUTO
    83MHz 受信
    VR604
    (MUT SENS.)
    ちょうどミューティング ON/OFF
    するように調整する
    ミューティングレベル調整
    16 83MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 - オーディオ出力 = レベル値を記録  
    17 83MHz 変調 : 400Hz mono 100%
    出力 : 90dB
    REC CAL : ON
    83MHz 受信
    VR404
    (REC LEVEL)
    オーディオ出力 = 手順16 の -6dB REC CAL 調整

  4. FM IF 歪補正部

    手順 SSG周波数 SSG出力 FX-711 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : FM
    REC CAL : OFF
    RF MODE : DX
    MODE : AUTO
    - -  
    2 83MHz 変調 : 1kHz mono 100%
    出力 : 90dB
    IF BAND : WIDE
    83MHz 受信
    T204 オーディオ出力 = 高調波歪最小 WIDE mono
    3 83MHz 変調 : 1kHz stereo 100%
    出力 : 90dB
    IF BAND : WIDE
    83MHz 受信
    T202 オーディオ出力 = 高調波歪最小 WIDE stereo
    4 83MHz 変調 : 1kHz stereo 100%
    出力 : 90dB
    IF BAND : NARROW
    83MHz 受信
    T201 オーディオ出力 = 高調波歪最小 NARROW stereo

  5. FM MPX 部

    手順 SSG周波数 SSG出力 FX-711 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : FM
    REC CAL : OFF
    RF MODE : DX
    IF BAND : WIDE
    MODE : AUTO
    - -  
    2 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR403
    (P. CANCEL)
    オーディオ出力電圧 = 19kHz 成分最小 Pilot 信号キャンセラー調整
    3 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : R only, 1kHz
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR401
    (SEPA. R→L)
    L ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整
    (R→L への漏れ音)
    4 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : L only, 1kHz
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR402
    (SEPA. L→R)
    R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整
    (L→R への漏れ音)

  6. AM 受信部

    手順 SSG周波数 SSG出力 FX-711 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : AM
    REC CAL : OFF
    - -  
    2 - - 522kHz 受信 L302 TP102 電圧 = 1.8±0.1V VT low
    3 - - 1629kHz 受信 TC302 TP102 電圧 = 20±0.1V VT high
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 603kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 40dB
    603kHz 受信 L301 dB 表示 = 最大  
    6 1404kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 40dB
    1404kHz 受信 TC301 dB 表示 = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 999kHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    999kHz 受信 VR603
    (AM dB)
    dB 表示 = 90dB S メータ調整

  7. 調整結果

    1. FM ステレオセパレーションなどは以下です。 素晴らしい数値です。 やはり FX-711 は優秀機です。

    2. 私の手元にやって来た時はボロボロの性能でしたが、再調整で一級品の性能に復帰しました。 やはり、FM チューナーは定期的な再調整が欠かせません。

      項目 IF BAND L R 単位
      ステレオセパレーション WIDE 77 73 dB
      ステレオセパレーション NARROW 27 27 dB
      パイロット信号キャリアリーク WIDE -50 -50 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) WIDE 0 -0.05 dB
      REC CAL WIDE -7.06
      457.0
      -6.97
      457.0
      dB
      Hz



使ってみました

  1. デザインなど

  2. 機能

  3. 感度&音質



仕様その他