Kenwood KT-2020

Kenwood KT-2020 をゲット!

2006年12月23日、HARD-OFF 越谷花田店 にて、PLL シンセサイザー FM/AM チューナー Kenwood KT-2020 のジャンク品を税込2,100円にて購入しました。

入手する気になったのは、高級機であることと、「私を持ち帰ってメンテナンスして!」という声が聞こえたからです。 クリスマス・イブ・イブには3人のゴーストが来ないよう、何かイイことしなくちゃね・・・

ショップおよび自宅の研究室で初期チェックした結果は以下です。



KT-2020 について



カバーを空けてみました



リペア



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 同調点の調整

  2. FM フロントエンドの調整

  3. FM PLL 検波部の調整

  4. FM MPX 部の調整

  5. DLLD & DCC 部の調整

  6. 表示メータの調整(フロントパネル表示)

  7. AM 部の調整



使ってみました



操作方法について



レベルメータ



仕様

取扱説明書 より仕様の部分を抜粋しました。 やはり、かなりの高級機スペックです。 超高級に匹敵するスペックです。 1985年1月19日発行のカタログ に掲載されています。



発売時期
1984年
定価
74,800円