KENWOOD KT-6050

KENWOOD KT-6050 をゲット!

2006年9月15日、ヤフオクにて、PLL シンセサイザー FM/AM チューナー KENWOOD KT-6050 の不動作品を税込2,600円にて落札しました。

動かないのに入手する気になったのは、 KENWOOD 最後の高級(風)チューナー であることと、 FM/AM 信号強度をデジタルで dB 表示する機能 があったからです。 それにしても、2,600円は少し予算オーバーでした。



KT-6050 について



カバーを開けてみました



修理



クリーニング



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 同調点の調整

  2. FM フロントエンド& IF 部の調整

  3. FM PLL 検波部の調整

  4. FM DCC 部の調整

  5. FM MPX 部の調整

  6. FM シグナルレベルメータ (dB 表示) の調整

  7. AM 部の調整

  8. 調整結果

    1. 再調整にて、感度がかなり上がり、音質も向上しました。

    2. FM ステレオセパレーションとキャリアリークは以下となりました。 ちょっと WIDE L チャンネルのセパレーションが低いですが、60dB 以上あるので問題ありません。

      項目 IF BAND L R 単位
      ステレオセパレーション WIDE 62 71 dB
      ステレオセパレーション NARROW 63 63 dB
      パイロット信号キャリアリーク - -88 -86 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) WIDE 0 +0.3 dB

    3. オーディオ出力レベルは L チャンネルを基準とすると、R チャンネルが +1.2dB 高い (1.15倍) です。 調整はできないので、このままにしましたが、ちょっと気にかかります。 この辺りが高級ではない所以でしょう。



使ってみました



AM stereo decoder MC13022 について

AM stereo decoder MC13022 について巷の掲示板で以下の情報がありました。



仕様