KENWOOD KT-747

KENWOOD KT-747 をゲット!

2006年11月18日、 ハードオフ 川口上青木店にて、PLL シンセサイザー FM/AM チューナー KENWOOD KT-747 のジャンク品を税込1,050円で買いました。

状態は値札に「ノーチェック」とありました・・・アハハです。



早速、程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 入手した状態のまま電源 ON してチェックしました



カバーを空けてみました

  1. 基板の作りが大変良いです。 部品が整然とならんでいます。 写真をクリックするとメイン基板の拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。


  3. FM フロントエンド部

  4. FM IF 部

  5. FM 検波部

  6. FM MPX 部

  7. AM 受信部

  8. その他



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 KT-747 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : FM
    FM TUNING MODE : MANUAL
    - -  
    2 83MHz 90dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T2 TP8〜TP9 間電圧 = 0V FM 同調点調整(仮)
    3 - - 76MHz 受信 L6 TP6 電圧 = 1.0V VT Low
    4 - - 90MHz 受信 TC5 TP6 電圧 = 12.0V VT High
    5 - - - - 手順3と4を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    6 83MHz 30dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 L1
    L3
    L4
    T1
    [LA1235] 13pin 電圧 = 最大 RF & IF 調整
    7 83MHz 90dB
    変調 : 1kHz 100% mono
    83MHz 受信 T3 オーディオ出力 = 高調波歪率最小  
    8 83MHz 90dB
    変調 : 1kHz 100% mono
    83MHz 受信 T2 TP8〜TP9 間電圧 = 0V  
    9 - - - - 手順7と8を数回繰り返す クォードラチュア検波調整

  2. FM MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 KT-747 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : FM
    FM TUNING MODE : AUTO
    - -  
    2 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 1kHz 100% stereo
    83MHz 受信 T1 オーディオ出力 = 高調波歪率最小 IF 歪調整
    ±90度の範囲で調整
    3 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : OFF
    変調 : OFF
    83MHz 受信 VR2 TP11 周波数 = 76kHz±200Hz VCO フリーラン周波数調整
    周波数カウンタで測定
    4 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : R/L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR3 L/R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整

  3. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 KT-747 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - BAND : AM - -  
    2 - - 522kHz 受信 L11 TP6 電圧 = 1.5V VT Low
    3 - - 1629kHz 受信 TC4 TP6 電圧 = 8.5V VT High
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 603kHz 40dB 603kHz 受信 L9 S メータ = 最大  
    6 1404kHz 40dB 1404kHz 受信 TC1 S メータ = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 999kHz 40dB 999kHz 受信 T4 S メータ = 最大 IF 調整

  4. 調整結果

    1. 調整ズレはあまりありませんでした。

    2. FM ステレオセパレーションは 以下となりました。 良好な数値です。

      項目 L R 単位
      ステレオセパレーション 60 61 dB
      パイロット信号キャリアリーク -78 -77 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 +0.14 dB



使ってみました



プログラム受信のしかた



仕様