TRIO KT-80

TRIO KT-80 をゲット!

2009年8月7日、 TRIO KT-80 の中古を入手しました。 KA-80 というペアになるアンプまでセットされて2,100円でした。 薄型で良いデザインです。

FM 専用チューナーでパルスカウント検波です。

この写真は修理&再調整後のものです。 [POWER] ランプの輝きがブルーになっています。



早速、程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 入手した状態のまま電源 ON してチェックしました



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良いです。 チューナー基板と電源基板に別れます。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。

    メーカ IC 機能
    HITACHI HA1137W FM IF System
    HA12016 FM Stereo Multiplex Demodulator
    MITSUBISHI M51903L LED Linear Level Indicator
    Panasonic AN610 Blanced modulator/demodulator
    AN6135 Hi-Fi Pop-Noise Canceller Circuit
    AN6551 Dual Operational Amplifier
    TOSHIBA TA7060 FM IF Amplifier
    TRIO-KENWOOD TR4010A Pulse Count Detector

  3. FM フロントエンド

  4. IF 部

  5. FM 検波部

  6. MPX 部

  7. 使用 IC のロット番号より、この KT-80 は1979年製と判明しました。



修理&クリーニングなど



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 電圧チェック

    手順 TP 及び調整値 備考
    1 電源基板の J100 = 標準値 15V 実測値 15.15V

  2. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 KT-80 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - REC CAL : OFF
    MUTING : OFF
    LOCK : OFF
    - -  
    2 10.7MHz 90dB
    変調 : OFF
    - T2 R13 (1.5kΩ) の両端電圧 = 0V FM 同調点調整
    10.7MHz を直接 IF 部に注入
    (CF1 リア側に注入)
    3 83MHz 90dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 フロントエンド
    OSC トリマ
    R13 (15kΩ) の両端電圧 = 0V OSC 調整
    4 83MHz 30dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 バリコンの
    RF トリマ×3
    R53 (47kΩ) フロント側電圧 = 最大 RF 調整
    5 83MHz 30dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 フロントエンド IFT R53 (47kΩ) フロント側電圧 = 最大 IF 調整
    6 83MHz 90dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T3 R23 (1kΩ) フロント側周波数 = 1.96MHz ダウンコンバート周波数調整
    周波数カウンタで測定
    7 83MHz 90dB
    変調 : MONO 400Hz (100%)
    83MHz 受信 - オーディオ出力電圧 = レベルを記録  
    8 - - FM REC CAL : ON VR3 オーディオ出力電圧 = 手順7の1/2 (-6dB) REC CAL 調整

  3. MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 KT-80 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - REC CAL : OFF
    MUTING : ON
    LOCK : OFF
    - -  
    2 83MHz - - VR1 R28 (5.6kΩ) 左側周波数 = 76kHz±200Hz VCO フリーラン周波数調整
    周波数カウンタで測定
    3 83MHz 90dB
    変調 : STEREO 1kHz
    83MHz 受信 フロントエンド IFT オーディオ出力 = 高調波歪率最小 IF 歪調整
    ±90度の範囲で調整
    4 83MHz 90dB
    変調 : R/L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR2 L/R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整

  4. 調整結果

    1. FM フロントエンドでトラッキングのズレがあり、再調整で感度アップしました。

    2. スレテオセパレーションは上位機種と比べるとやや低い数値ですが、特に問題ないです。

      項目 L R 単位
      ステレオセパレーション 47 46 dB
      パイロット信号キャリアリーク -71 -68 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 +0.07 dB
      REC CAL -6.0
      386.7
      -6.0
      386.7
      dB
      Hz



使ってみました

  1. 薄型でデザイン性の優れたチューナー

  2. 機能関連

  3. 端子類

  4. 受信性能&音質



仕様その他

  1. ドキュメント

  2. 仕様は以下です

    FM チューナー部  
    受信周波数範囲 76〜90MHz
    実用感度 (75Ω/IHF) 0.95uV/10.3dBf
    S/N 比 50dB 感度 (75Ω/IHF) mono : 1.65uV/15.5dBf
    stereo : 20uV/37.2dBf
    キャプチャーレシオ IF Wide : 1.5dB
    実効選択度 75dB
    S/N 比 (100% 変調 1uV 入力) mono : 83dB
    stereo : 80dB
    イメージ妨害比 100dB
    IF 妨害比 100dB
    AM 抑圧比 65dB
    高調波歪率 stereo 0.07% (1kHz)
    周波数特性 30Hz〜15kHz +0.2dB -0.8dB
    ステレオセパレーション 48dB (1kHz)
    キャリアリーク抑圧比 65dB
    アンテナインピーダンス 75Ω不平衡型
    300Ω平衡型
    総合  
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    定格消費電力 (電気用品取締法) 11W
    外形寸法 440(W)×78(H)×333(D)mm
    重量 4.5kg
    その他  
    発売時期 1979年
    定価 37,000円