SONY ST-636

SONY ST-636 をゲット!

2014年1月11日、 SONY ST-636 という FM/AM チューナの中古が税込1,000円でした。

FM/AM PROGRAM TUNER ST-x3x シリーズの最上位機種です。

巨大ディスプレイが素晴らしい逸品 です。



早速、程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 電源 ON してチェック



カバーを開けてみました

  1. 投入物量が凄まじい基板構成です。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。


  3. FM フロントエンド

  4. FM IF 部

  5. FM 検波部

  6. FM MPX 部

  7. AM 受信部



修理

  1. プリセットの記憶が20分程度しか保持されない。

  2. 操作ボタン等が全く効かない状態が発生する。

  3. AM 受信で高い周波数 (1000kHz 以上) の放送局が全く受信できず、受信できる放送に大きな雑音が入る。

    1. 調査すると、高い周波数に同調しても VT 電圧が 7.8V 以上に上がらないことが確認できました。

      • ここの電圧は 1〜23V で変化する必要があります。

      • 高い電圧は高い周波数受信時に必要となります。

      • これが「高い周波数 (1000kHz 以上) の放送局が全く受信できない」直接原因です。

    2. 右の回路図は AM の VT 電圧増幅部です。

      • VT 電圧は Q504 のコレクタから出ます。

      • VT 電圧用電源電圧 (R517 4.7kΩの上側) は 32.4V あって正常です。

      • となると、この VT 電圧増幅部のどこかの部品が故障していることになります。 この回路で使われている部品を、しらみつぶしにテスタであたり、良否を判定しました。

      • 結果、C511 1uF/35V のタンタルコンデンサが 800Ω 程度の導通となっており(内部レアショート)、コンデンサの役目を放棄して抵抗器に変身していました。 これが真の原因です。

    3. C511 を 1uF/50V の普通の電解コンデンサに交換したところ、完全に直りました!!!

      • 右の写真は故障していたタンタルコンデンサです。 米粒くらいの極小です。

      • 雑音の発生源もこのタンタルコンデンサで間違いありません。 こいつが ST-636 に悪さをしていたのです。

      • タンタルコンデンサでなく、普通の電解コンデンサでも大丈夫です。 大抵のチューナは電解コンデンサ使用ですから。

    4. 以上で全ての不良が直り、35年ビンテージ品として蘇りました。

      • やはり、快適に動作するチューナは良いです。

      • 全体のクリーニングと別項の調整を実施して完璧に新品時の性能に戻りました。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 電圧チェック ・・・ 必要な電圧の数が多いです。

    電圧 TP 実測値 備考
    +5.8V Q809-E +5.9V FL 表示
    +8V Q808-E +8.0V PLL
    +15V Q807-E +15.7V チューナ, AF
    +19V Q806-E +19.3V FL 表示
    +30V Q805-E +32.4V VT 電源
    +39V Q804-E +39.2V FL 表示
    -9V Q801-E -9.8V FL 表示
    -22V Q811-E -20.7V FL 表示

  2. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-636 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - MODE : STEREO
    FUNCTION : FM
    - -  
    2 - - 76MHz 受信 フロントエンド
    OSC コイル
    J99 電圧 = 3.0V VT Low
    3 - - 90MHz 受信 フロントエンド
    OSC トリマ
    J99 電圧 = 21.0V VT High
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 76MHz 30dB
    変調 : OFF
    76MHz 受信 フロントエンド
    RF コイル×3
    RV701 中点電圧 = 最大 RV701 は [Counter] ボード
    6 90MHz 30dB
    変調 : OFF
    90MHz 受信 フロントエンド
    RF トリマ×3
    RV701 中点電圧 = 最大 RV701 は [Counter] ボード
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 83MHz 30dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 フロントエンド
    IFT
    RV701 中点電圧 = 最大 IF 調整
    RV701 は [Counter] ボード
    9 83MHz 90dB
    変調 : MONO 1KHz
    83MHz 受信 IFT201 黒コア オーディオ出力 = 高調波歪最小  
    10 83MHz 90dB
    変調 : MONO 1KHz
    83MHz 受信 IFT201 橙コア R220 間電圧 = 0V  
    11 - - - - 手順9と10を数回繰り返す QR 検波調整
    12 83MHz 90dB
    PILOT 信号 : ON
    83MHz RV301 STEREO ランプ点灯の中間点に設定 MPX VCO 調整
    13 83MHz 90dB
    変調 : R/L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 RV302 L/R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整
    14 83MHz 25dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 RV201 IC301-14pin = 2.2±0.1V MUTING レベル調整
    15 83MHz 60dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 RV701 S メータ表示 = フル (スレッシュレベル) S メータ調整
    RV701 は [Counter] ボード

  3. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-636 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : AM - -  
    2 - - 522kHz 受信 T251 J98 電圧 = 1.2±0.2V VT Low
    3 - - 1610kHz 受信 CT251 J98 電圧 = 23±0.5V VT High
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 600kHz 40dB
    変調 : 400Hz
    600kHz 受信 バーアンテナのコア オーディオ出力電圧 = 最大  
    6 1400kHz 40dB
    変調 : 400Hz
    1400kHz 受信 CT252 オーディオ出力電圧 = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 1000kHz 40dB
    変調 : 400Hz
    1000kHz 受信 IFT202
    IFT203
    オーディオ出力電圧 = 最大 IF 調整
    9 1000kHz 40dB
    変調 : 400Hz
    1000kHz 受信 T401 D402 カソード側電圧 = 最大 Auto Stop 調整

  4. 調整結果

    項目 L R 単位
    ステレオセパレーション 44 44 dB
    パイロット信号キャリアリーク -77 -71 dB
    オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 +0.43 dB



使ってみました

  1. 巨大ディスプレイ が素晴らしい



  2. 機能関連

  3. 周波数プリセットのしかた

    1. FM または AM 放送受信状態にします。

    2. [同調ノブ] を押すと、すぐ上にある [MEMORY] ランプが点灯するので、点灯中にどれかのプリセットボタンを押せばプリセット完了です。 FM 受信中なら FM のプリセットボタンを、AM 受信中なら AM のプリセットボタンを押します。

  4. 端子類

  5. 受信性能&音質

  6. その他



仕様&その他

  1. Service Manual

  2. 仕様は以下です。

    FM チューナー部  
    受信周波数範囲 76〜90MHz (0.1MHz step)
    S/N=50dB 感度 3.5uV / 16.1dBf (MONO)
    45uV / 38.3dBf (STEREO)
    実用感度 1.8uV / 10.3dBf
    選択度 75dB (300kHz)
    80dB (400kHz)
    キャプチャレシオ 1.0dB
    AM 抑圧比 54dB
    イメージ妨害比 80dB
    スプリアス妨害比 90dB
    S/N 比 75dB (MONO)
    70dB (STEREO)
    高調波歪率 (1kHz) 0.1% (MONO)
    0.2% (STEREO)
    ステレオセパレーション (1kHz) 45dB
    周波数特性 30Hz〜15kHz +0.5dB/-2.0dB
    ミューティングレベル 5uV
    IF 10.7MHz
    アンテナ 75Ω不平衡型
    300Ω平衡型
    AM チューナー部  
    受信周波数範囲 522〜1602kHz (1kHz step)
    実用感度 (1,000kHz) 250uV (バーアンテナ)
    100uV (外部ワイヤアンテナ)
    選択度 50dB (9kHz)
    S/N 比 52dB (50mV/m)
    高調波歪率 0.3% (50mV/m, 400Hz)
    IF 450kHz
    アンテナ バーアンテナ
    外部ワイヤアンテナ
    総合  
    出力レベル/インピーダンス 450mV/4.7kΩ (FM 100% 変調)
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    定格消費電力 (電気用品取締法) 26W
    外形寸法 430(W)×135(H)×315(D)mm
    重量 5.7kg
    その他  
    発売時期 1979年 (推定)
    定価 不明