Technics ST-9030T

Technics ST-9030T がやって来た!

2010年9月22日、 Technics ST-9030T がやって来ました。 M さんからの修理依頼品です。

FM 専用機 です。



程度&動作チェック

  1. 外観

  2. やって来た状態のまま電源 ON してチェックしました

  3. カバーを開けてみて判ったことですが、この ST-9030T は誰かがあちこちの調整点をいじった形跡があります



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良く、部品が綺麗に整然と並んでいます。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。 拡大写真ではフロントエンドのカバーを外しているので、豪華なバリコン構成が見えます。

  2. 構成



修理

  1. 故障部位の切り分け

  2. フロントエンドの OSC 部の修理

  3. リアパネルの端子類には軽くマイクロ研磨をかけてピカピカになりました。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 調整ポイント一覧

  2. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-9030T の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - mpx hi-blend : OFF
    servo tuning : OFF
    IF select : auto
    OUTPUT LEVEL : 最大
    - -  
    2 - OFF - T102 緑コア TP101 = 0V Wide Null
    3 - OFF - T201 緑コア TP201 = 0V Narrow Null
    4 78MHz 30dB
    変調 : 400Hz 100%
    78MHz 受信
    TP302〜TP303 をショート
    L8
    L7
    L6
    L5
    L4
    L3
    L2
    L1
    T1
    オーディオ出力 = 最大  
    5 88MHz 30dB
    変調 : 400Hz 100%
    88MHz 受信
    TP302〜TP303 をショート
    CT8
    CT7
    CT6
    CT5
    CT4
    CT3
    CT2
    CT1
    オーディオ出力 = 最大  
    6 - - - - 手順3〜5を数回繰り返す トラッキング調整
    7 - OFF - T102 緑コア TP101 = 0V Wide Null
    8 - OFF - T201 緑コア TP201 = 0V Narrow Null
    9 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    IF select : wide
    VR504 オーディオ出力 = 1.4V 出力レベル調整
    10 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    IF select : wide
    T102 橙コア オーディオ出力 = 高調波歪率最小 Wide Mono 歪調整
    11 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    IF select : auto
    TP302〜TP303 をショート
    T201 橙コア オーディオ出力 = 高調波歪率最小 Narrow Mono 歪調整
    12 - - - - 手順9〜11を数回繰り返す トラッキング調整
    13 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    IF select : auto
    TP302〜TP303 をショート
    VR503 オーディオ出力 = 1.4V Narrow IF レベル調整
    14 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    servo tuning : auto
    T202
    T203
    TP102 = 最大 Muting 調整
    DC 電圧
    15 83MHz 90dB
    変調 : 400Hz 200%
    83MHz 受信
    servo tuning : auto
    VR402 オーディオ出力 Muting 調整
    @まず VR402 を時計回りに回し切る。
    AVR402 を半時計方向に回し、オーディオ信号 OFF となったら回すのを止める。
    16 83MHz 16dB
    変調 : 400Hz 100%
    83MHz 受信
    servo tuning : auto
    VR401 オーディオ出力 Muting 調整
    @まず VR401 を時計回りに回し切る。
    AVR401 を半時計方向に回し、オーディオ信号 ON となったら回すのを止める。
    17 83MHz 100dB
    変調 : 400Hz 30%
    83MHz 受信 VR501 S メータ = 4.7 S メータ調整

  3. MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-9030T の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - mpx hi-blend : OFF
    servo tuning : OFF
    IF select : auto
    OUTPUT LEVEL : 最大
    - -  
    2 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : OFF
    変調 : OFF
    83MHz 受信 VR602 TP601 = 19kHz±30Hz VCO フリーラン周波数
    TP601 から100kΩを介して周波数カウンタで測定
    3 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 400kHz 100% L+R
    83MHz 受信 VR702 オーディオ出力 = L/R で同一 ステレオオーディオ出力電圧調整
    4 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    83MHz 受信 VR601
    L601
    TP602 電圧 = 最小 パイロットキャンセル調整
    5 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 400kHz 100% L+R
    83MHz 受信 L602 オーディオ出力 = 高調波歪率最小 パイロット BPF 調整
    L ch. で測定
    6 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    83MHz 受信 CT701 オーディオ出力 = 最小 サブキャリアキャンセル調整
    7 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 1kHz 30% L/R only
    83MHz 受信 VR701 R/L ch. オーディオ出力 = 最小 Wide セパレーション調整
    8 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 1kHz 30% L/R only
    83MHz 受信
    TP302〜TP303 をショート
    VR703 R/L ch. オーディオ出力 = 最小 Narrow セパレーション調整
    9 83MHz 31dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : 1kHz 30% L only
    83MHz 受信
    mpx hi-blend : auto
    VR502 R ch. オーディオ出力 オートハイブレンド調整
    @まず VR502 を時計回りに回し切る。
    AVR502 を半時計方向に回し R ch. OFF となったら回すのを止める。
    10 83MHz 60dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T302 TP301 = 電圧最大 オート IF 調整 (200kHz)
    TP101 に 200kHz 正弦波を入力する。
    11 83MHz 60dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T301 TP301 = 電圧最大 オート IF 調整 (300kHz)
    TP101 に 300kHz 正弦波を入力する。
    12 - - - - 手順10〜11を数回繰り返す  

  4. 調整結果

    1. トラッキング調整の結果は以下です。 ダイヤルスケールと実際の受信周波数がほぼ一致する優秀な性能です。

      周波数 (MHz) 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90
      スケールの読み 76.00 77.00 78.00 79.00 80.01 81.01 82.02 83.04 84.02 85.00 85.99 86.98 87.98 88.99 90.00

    2. FM ステレオセパレーションなどは以下となりました。 問題ない数値です。

      項目 IF BAND L R 単位
      ステレオセパレーション Wide 52 52 dB
      ステレオセパレーション Narrow 42 43 dB
      パイロット信号キャリアリーク - -82 -82 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) Wide 0 0 dB



使ってみました

  1. 全体の印象

  2. 機能関連

  3. 高感度で高音質



仕様その他