Panasonic ST-G560

Panasonic ST-G560 をゲット!

2006年10月28日、 HARD-OFF 越谷花田店のジャンクコーナーにて、PLL シンセサイザー FM/AM チューナー Panasonic ST-G560 の動作品を税込1,050円にて購入しました。

2009年6月13日にも同店で税込525円にて、もう1台購入しました。

買う気になったのは、デザインが良く、ロータリーチューニングノブがあり、FM 信号強度をデジタルで dB 表示する機能があったからです。

  1. 1989年のモデルで、定価は26,500円です。

  2. 主な特長




カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは同社の ST-G4ST-G60 と比べて一番マトモです。 チューナー基板と MPU 基板、フロントパネル基板に分かれます。 写真をクリックすると基板の拡大写真を表示できます。

  2. IC を多用して合理化が図られています。


  3. FM 受信回路は、なかなか立派な構成です。

  4. AM 受信回路は [AN7274NS] で全てを構成します。

  5. メモリをバックアップするコンデンサーは座標 C916 の 1000μF 6.3V 電解コンデンサです。

  6. 使っている部品のロット番号から見ると、本機は1989年製のようです。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 電圧チェック

    手順 TP 及び調整値 備考
    1 CP106 [12V] = 標準値 12V 実測値 13.90V
    2 CP106 [5V] = 標準値 5.6V 実測値 5.63V

  2. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G560 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : FM
    mode : mono
    IF band : normal
    local : OFF
    - -  
    2 - - 89.9MHz 受信 OSC コイル R903 フロント側電圧 = 11.0V VT high
    3 - - 76.1MHz 受信 - R903 フロント側電圧 = 2.5V VT low
    確認のみ
    4 83MHz 30dB 83MHz 受信 RF コイル×3
    IFT
    VR101 (FM SIGNAL) 1pin 電圧 = 最大  
    5 83MHz 90dB
    変調 : Mono 1kHz
    83MHz 受信 T102 オーディオ出力 = 高調波歪最小  
    6 83MHz 90dB
    変調 : Mono 1kHz
    83MHz 受信 T101 TP101〜TP102 間電圧 = 0V (FM 同調点調整)
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す クォードラチュア検波調整
    8 83MHz 60dB
    変調 : Mono 1kHz
    83MHz 受信 VR101 S メータ表示が 60dB になるよう調整 S メータ調整

  3. MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G560 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : FM
    mode : auto
    IF band : normal
    local : OFF
    - -  
    2 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : R/L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR301 (FM SEP.) L/R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整

  4. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G560 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : AM - -  
    2 - - 1629kHz 受信 Z201 黒色コア R903 フロント側電圧 = 6.6V VT high
    3 - - 522kHz 受信 - R903 フロント側電圧 = 1.0V VT low
    確認のみ
    4 999kHz 40dB 999kHz 受信 Z201 黄色コア
    L301
    S メータ = 最大 AM ループアンテナを接続して調整

  5. 調整結果

    1. 全体に調整ズレがありました。

    2. FM ステレオセパレーションとキャリアリークは以下となりました。 ステレオセパレーションが若干低いですが、それほど問題ない数値です。

      項目 IF band L R 単位
      ステレオセパレーション normal 48 48 dB
      ステレオセパレーション narrow 41 42 dB
      パイロット信号キャリアリーク normal -67 -74 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) normal 0 +0.36 dB



使ってみました

  1. FL 表示管の輝度は十分で新品同様です。

  2. チューニングノブにはフライホイールが仕込まれていて、それなりに感触が良いです。

  3. 足は格好よい大型オーディオインシュレータ風です。

  4. プリセットメモリは FM 10局、AM 10局で十分です。

  5. FM 信号強度デジタル表示の dB 数字は電波少年(=私)をワクワクさせます。

  6. FM は4連バリコン相当なので、イメージ妨害比が良く、弱電波を受信した時の S/N と歪率が良いです。 感度も良いです。

  7. FM mode を auto にしておくと、IF バンド帯域は、コンピュータが近接周波数をサーチして、自動的に最適な帯域に調整してくれます。

  8. FM アンテナ入力は F 端子になっていて、不要な妨害電波の混入を避けることができます。

  9. FM の音質はソフト調で豊潤な良い音です。 ステレオ分離度も良いです。 聴き疲れしないです。 ちゃんとしたアンテナで使うなら、 KENWOOD KT-1100DSONY ST-S333ESG の名器と肩を並べるほどの高音質です。

  10. AM の感度・音質は並です。

  11. 2万円台のエントリー価格ですが、その価格に似合わず素晴らしいチューナーです。

    受信性能が高く、音質が良い、お奨めできる機種 です。



仕様