Technics ST-G7

Technics ST-G7 をゲット!

私のチューナーページのファンから Technics ST-G7 の不動作品を2台寄贈していただきました。 それぞれ別の方からの寄贈で、<1台目>は2009年9月26日受け取り、<2台目>は2009年10月1日受け取りました。

なんと! パルスカウント検波+Sample & Hold MPX の高性能チューナーです。 Thechnics にパルスカウント検波機種があったことに初めて気付きました。



程度&動作チェック



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良いです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。 全て自社生産 IC です。 技術力があったようです。 逆に、これらの IC は外販されていないので故障時の修理で困ります。


  3. FM フロントエンド

  4. FM IF 部


  5. FM パルスカウント検波部

  6. FM MPX 部

  7. AM 受信部

  8. Pioneer F-120, F-120D との比較



修理



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. ST-G7 の調整ポイントは以下の通りです。



  2. 電圧チェック

    測定ポイント 標準値 (V) 実測値 (V) 備考
    Q701-E +15.6 +15.57 チューナー電源
    Q706-E +5.6 +5.55 MCU 電源
    Q702-E +8.6 +8.78 オーディオ電源
    Q703-E -8.6 -8.66 オーディオ電源

  3. FM 受信部

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G7 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : FM
    rec level : off
    IF band : super narrow
    mode : mono
    - -  
    2 - - 76.1MHz 受信 L6 TP1 電圧 = 3.0V VT low
    3 - - 89.9MHz 受信 CT1 TP1 電圧 = 10.5V VT high
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 30dB
    83MHz 受信 L1
    L3
    L4
    T1
    VR101-1pin 電圧 = 最大 RF & IF 調整
    6 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T101 TP101〜TP102 電圧 = 0V FM 同調点の調整
    ±20mV 以内
    7 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T103 TP103 波形 = 最大 2nd IF 調整
    シンクロスコープで観測
    8 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR102 TP302 電圧 = 0V パルスカウント検波調整
    9 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 60dB
    83MHz 受信 VR101 S メータ = 60dB S メータ調整

  4. FM MPX 部

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G7 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : FM
    rec level : off
    IF band : normal
    mode : auto
    - -  
    2 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : 1kHz stereo
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 T1
    T103
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 ±90度以内で調整
    3 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 L301
    VR103
    オーディオ出力電圧 = 19kHz 成分最小 Pilot 信号キャンセラー
    4 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : R only, 1kHz
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR304 L ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整
    (R→L への漏れ音)
    5 83MHz Pilot 信号 : ON
    変調 : L only, 1kHz
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR303 R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整
    (L→R への漏れ音)

  5. AM 受信部

    手順 SSG周波数 SSG出力 ST-G7 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - band selector : AM
    rec level : off
    - -  
    2 450kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 90dB
    - T201 オーディオ出力 = 最大 IF 調整
    3 522kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 40dB
    522Hz 受信 L203 オーディオ出力 = 最大 VT low
    4 612kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 40dB
    612kHz 受信 L202 オーディオ出力 = 最大  
    5 1503kHz 変調 : 400Hz 30%
    出力 : 40dB
    1503kHz 受信 CT201 オーディオ出力 = 最大  
    6 - - - - 手順3〜5を数回繰り返す VT & RF トラッキング調整

  6. 調整結果

    1. FM は同調点と MPX がかなりズレていました。 AM は全体にズレがありました。

    2. FM ステレオセパレーションとキャリアリークは以下です。

      • IF band : normal 時のセパレーションはかなり良好な数値です。

      • IF band : super narrow 時は自動的に Hi-Blend がかかるので、セパレーションが大きく落ち込みます。 できるだけ IF band : normal で使ったほうがよいです。

      項目 IF band L R 単位
      ステレオセパレーション normal 64 66 dB
      ステレオセパレーション super narrow 18 18 dB
      パイロット信号キャリアリーク - -75 -73 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) - 0 +0.73 dB



使ってみました

  1. 全体の作りが良いです

  2. 機能

  3. 感度&音質



仕様その他