SONY ST-S333ES

SONY ST-S333ES をゲット!

2008年6月12日、提携している BLUESS Laboratory さんから SONY ST-S333ES を寄贈いただきました。

早速、外観&動作チェックしました。



カバーを開けてみました

  1. 1982年発売の ST-S555ES の2年後に発売されたのが、この ST-S333ES です。 型番からは ST-S555ES の下位機種の位置付けですが、実は全然違います。


  2. 基板は部品が整然と並んでいて綺麗です。 基板材質はベーク板です。 シルク印刷に機能が書かれているので、機能ブロックが大体見当つきます。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  3. 電源トランスは小さいですが、シッカリ磁気シールドされた良質のものです。

  4. 底板部分に点検用蓋板があり、メンテナンス性が良いです。

  5. FM フロントエンド


  6. FM PLL 同調制御にダイレクトコンパレータの SONY CX7925B が使用されています。

  7. FM IF 部


  8. FM 検波部は WODD と呼ばれる PLL 検波となっています。

  9. FM MPX 部は SANYO LA3400 で構成しています。

  10. AM 部は SANYO LA1245 を使って全てを構成します。 同調回路はトラッキング調整できる構成です。

  11. 基板左下のボタン電池は、プリセットメモリ記憶用です。 CR2025 (直径20mm, 厚み2.5mm) の基板付けタイプです。 交換バッテリは CR2025, CR2032 基板付けタイプのいずれでも大丈夫です。

  12. 使用 IC のロット番号より、この ST-S333ES は1984年製と判明しました。 電源ケーブルの製造マーキングも1984年でした。



リペア

  1. 基板上のボタン電池(ハンダ付けタイプの CR2025)を取り外して開放電圧を測ると 0.5V でした。 完全に寿命でした。

  2. ボタン電池のハンダタブ間隔は 11mm でした。 これと全く同じ電池を探すのは至難の業です。 また、リチウムイオン電池に直接ハンダ付けするのは爆発の危険性があります。

  3. そこで、アキバの 秋月 で「ボタン電池基板取付用ホルダー CR2032用(縦・小型)[CH74-2032]」を調達し、基板からリード線を延ばしてこのホルダーと接続することにしました。

  4. 早速、買ってきて工作しました。 「ホルダー 50円 + CR2032 50円 = 合計100円」でした。 100円ショップより安いです。

  5. 当たり前ですが、プリセットメモリは消えなくなりました。 おそらく、今後10年間は大丈夫でしょう。

  6. 最近はスーパーキャパシタでのメモリバックアップが主流ですが、記憶は1週間くらいしか持ちません。 バッテリによる方法では10年は持ちますから、用途によっては、この方法のほうが正解かもしれません。 コストも安いし・・・



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM フロントエンド調整

  2. FM PLL 検波調整

  3. FM ミューティング幅 (同調点) 調整

  4. FM IF 歪調整

  5. FM 各種レベルの調整

  6. FM MPX 部の調整

  7. AM 部の調整

  8. 再調整結果



使ってみました



レベルメータ



仕様