SONY ST-S333ESA

SONY ST-S333ESA をゲット!

2008年4月8日、ヤフオクで15,000円でゲット!した SONY ST-S333ESA が到着しました。 故障と聞くと、どうしても修理したくなるのです。 最近では故障品しか興味がありません・・・病気???

私はこのシャンパンゴールド系の色調がたまらなく好きです。 現在メインシステムで使っているブラックの SONY ST-S333ESG のリプレース目的で入手しました。
この好みは、さかのぼるとオールドマランツが好きだったことに由来します。 ブラックはもう飽きたよぉ〜


故障ジャンク品ですが、外観は新品同様です。 さて、復活させることができるか???



SONY ST-S333ESA について



カバーを開けてみました

  1. ST-S333ESG と比べて内部はどこが変わったのか判別できないほど、全く同じに見えます。 回路構成は同じで、部品の配置、部品名までほぼ完全に一致します。 電源回路の発熱が大きく、電源部の電解コンデンサが熱で劣化しやすいのまで同じです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. ST-S333ESG との違いは以下です。 ST-S333ESG より定価が5,200円上がっていますが、内容は同等で、グレードと性能は互角でしょう。


  3. FM フロントエンド部はオール FET で4連バリキャップ方式です。 同調回路はトラッキング調整できる構成です。

  4. FM IF 部にユニフェーズ CF フィルターを4個使用しています。

  5. FM 検波部は PLL 検波となっています。

  6. FM MPX 部は SONY CXA1064 を使ったオリジナル構成です。 おそらく、 SONY ST-S555ESX の MPX 回路を IC 化したのだろうと推定します。

  7. AM 部は SANYO LA1245 を使って全てを構成します。 AM フロントエンドの VT 電圧トラッキング調整はできますが、RF トラッキング調整はできない構成です。

  8. 全体的にグレードの高そうな電解コンデンサを使っています。 (緑色 - ニチコン MUSE 85℃, 黒色 - ニチコン NEGATIVE BLACK 85℃, 青色 - ニチコン VX 85℃)

  9. 基板左下のスーパーキャパシタ ELNA 0.1F 5.5V は、プリセットメモリ記憶用です。

  10. 以下の IC を使用して合理化が図られています。


  11. 使用 IC のロット番号より、この ST-S333ESA は1993年製と判明しました。 電源ケーブルの製造マーキングも1993年でした。 ST-S333ESA の発売は 1991年ですから、私の入手した個体は後期製造品と思われます。



修理

  1. FM 感度が悪い

  2. FM の音が歪っぽい

  3. チューニングノブの軸が偏心

  4. 内部基板に沈殿した綿埃

  5. 全体のクリーニング

  6. 修理に役立つ電源電圧情報です。 修理する際にこれらの電圧を一番最初に測れば、電源が悪いのかチューナー回路が故障しているのかを見極めることができます。

    ジャンパー 電圧 備考
    JW88 +30V  
    JW89 +15V  
    JW145 -17V  
    JW213 +13V  
    JW220 +5V MPU 電源電圧 = 5V + ダイオード順方向電圧



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM フロントエンド調整

  2. FM PLL 検波調整

  3. FM ミューティング幅 (同調点) 調整

  4. FM IF 歪調整

  5. FM 各種レベルの調整

  6. FM MPX 部の調整

  7. AM 部の調整

  8. 再調整結果



使ってみました



レベルメータ



仕様