SONY ST-SA50ES

SONY ST-SA50ES が到着

2010年11月13日、T さんより SONY ST-SA50ES が送られてきました。 このチューナーは一度触ってみたいと思っていたので、ヤフオクで落札したという中古品を借りたのです。

依頼者はヤフオクで1,000円で落札したとのこと。

ST-SA5ES と非常にデザインが似ており、コストダウン機かな???



カバーを開けてみました

  1. ST-SA5ES よりかなり基板が小さくなり、かつ、回路構成のグレードが下がっています。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. FM 検波部

  5. FM MPX 部

  6. 以下の IC を使用して合理化が図られています。


  7. プリセットメモリ保存用のスーパーキャパシタはフロントパネル基板に実装されています。

  8. 使用 IC のロット番号より、この ST-SA50ES は1999年製と判明しました。 電源ケーブルの製造マーキングも1999年でした。



修理

  1. 現象

  2. 原因

  3. 修理



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. ともかく、調整点の少ないチューナーで、かなり合理化されています。 調整が少ないとコストが下がるし、調整ズレも若干発生しにくいかもしれません。

  2. FM 受信部の調整

  3. AM 部の調整

  4. 調整結果

    1. ステレオセパレーションが大きく向上して良い音になりました。 調整前より 20dB セパレーション向上しました。

    2. FM ステレオセパレーションなどは以下となりました。 優秀な数値です。

      項目 IF BAND L R 単位
      ステレオセパレーション WIDE 58 59 dB
      ステレオセパレーション NARROW 52 52 dB
      パイロット信号キャリアリーク WIDE -71 -71 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) WIDE 0 0 dB



使ってみました

  1. 全体的にゴールド基調の色合いでなかなか優れたデザインです

  2. プリセットメモリ

  3. 受信性能評価

    1. FM

      • 良好な感度と十分な妨害電波排除能力があります。

      • クォードラチュア検波特有のソフトな音で、PLL 検波の ST-SA5ES のシャープな音とは違います。

      • 一般的な傾向として、PLL 検波は音がシャープで単音を聴くのに適するようで、クォードラチュア検波は音がソフトで複音のハーモニーを聴くのに適するようです。 ST-SA50ES はこの特徴がよく出ています。 私の好みは PLL 検波のほうです。

    2. AM

      • AM の受信性能は ST-SA5ES と同じで、AM チューナーとしては高水準の性能です。

      • AM の感度が抜群です。 ただし、写真のような純正 AM ループアンテナを使った場合です。 ST-SA50ES は AM ループアンテナを選ぶようで、純正でないと最高感度を発揮できません。

      • AM stereo はかなり良い音です。 フゥワァ〜とした音の出かたです。

    3. 総合評価

      • FM は ST-SA5ES よりグレードは低いものの、 十分高性能・高音質 と判断します。 AM は ST-SA5ES と同等で高性能・高音質です。

      • デザインが秀逸 なので、趣味性の強いオーディオ機器として満足できます。

  4. 裏ワザ



Sメータ



仕様