YAMAHA T-2

YAMAHA T-2 がやってきた!

2012年2月22日、大阪の Y さんから YAMAHA T-2 の修理・調整依頼を受けました。

FM 専用機 で定価13万円の超級チューナです。

依頼者のコメントは「かなり受信感度が落ちている」です。



状況チェック

  1. 外観

  2. FM 受信



カバーを開けてみました

  1. この写真は底板を外して撮影したものです。 この T-2 は基板が天地逆さまに実装されているのです。 ビックリです。 基板の作りは良いです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンドは7連バリコン方式で、以下の構成です。


  3. FM IF 部は以下の構成です。 [LC/CF] は LC 同調と CF の一体モジュールです。 [TR] はエミッタフォロア回路になっています。

  4. FM 検波は広帯域レシオ検波です。

  5. FM MPX 部は SANYO LA3350 を使った PLL MPX です。 セパレーション調整ボリュームは1個で左右共通です。

  6. 電源ケーブルの製造マーキングより、本機は1977年製造品と判りました。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 T-2 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - REC CAL : OFF
    BLEND : OFF
    MODE : AUTO STEREO
    MUT/OTS : ON
    IF MODE : AUTO DX
    RF MODE : HI SELECTIVITY
    - -  
    2 10.7MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    SSG 出力を IF に注入 T201 T メータ = センター 同調点調整
    3 90MHz 変調 : OFF
    出力 : 90dB
    ダイヤル指針 = 90MHz フロントエンド
    OSC トリマ
    T メータ = センター OSC トラッキング
    4 76MHz 変調 : OFF
    出力 : 40dB
    76MHz 受信 フロントエンド
    RF コイル×6
    S メータ = 最大  
    5 90MHz 変調 : OFF
    出力 : 40dB
    90MHz 受信 フロントエンド
    RF トリマ×6
    S メータ = 最大  
    6 - - - - 手順4と5を数回繰り返す RF トラッキング調整
    7 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 40dB
    83MHz 受信 フロントエンド IFT
    CF201
    CF202
    CF203
    CF204
    S メータ = 最大 IF 調整
    8 83MHz 変調 : STEREO 1kHz 100%
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VCO (VR) STEREO ランプ = 点灯 MPX VCO 調整
    9 83MHz 変調 : STEREO 1kHz 100%
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 PCL (VR) オーディオ出力 = 19kHz 成分最小 MPX PILOT CANCEL 調整
    10 83MHz 変調 : STEREO 1kHz 100%
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 VR201
    VR202
    VR203
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 ステレオ歪調整
    11 83MHz 変調 : R/L only 1kHz 100%
    出力 : 90dB
    83MHz 受信 SEP (VR)
    SEP BAL (VR)
    L/R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 MPX セパレーション調整
    12 83MHz 変調 : OFF
    出力 : 60dB
    83MHz 受信 METER ADJ (VR) S メータ = 60 S メータ調整

  2. 再調整結果

    項目 L R 単位
    ステレオセパレーション (LOCAL) 54 55 dB
    パイロット信号キャリアリーク -56 -55 dB
    オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 -0.24 dB
    REC CAL 304.7
    -5.6
    304.7
    -5.6
    Hz
    dB



使ってみました

  1. デザイン

  2. 操作性

  3. FM 受信性能



仕様その他

  1. 取扱説明書

  2. OWNER'S MANUAL ・・・ なんと!回路図付きです。

  3. でも、こちらの Schematic のほうが見易い。

  4. 仕様は以下です。

    FM 部  
    受信周波数 76.0〜90.0MHz
    実用感度 (75Ω) mono:0.75uV (8.8dBf)
    イメージ妨害比 120dB
    IF 妨害比 120dB
    キャプチャーレシオ Local:1.0dB
    DX:1.5dB
    実効選択度 Local:55dB
    DX:100dB
    S/N 比 mono:88dB
    stereo:85dB
    全高調波歪率 (1kHz) Local mono:0.05%
    Local stereo:0.05%
    DX mono:0.15%
    DX stereo:0.4%
    ステレオセパレーション (1kHz) Local:50dB
    DX:35dB
    周波数特性 30〜15,000Hz +0.3 -0.5dB
    サブキャリア抑圧比 72dB
    付属回路 RF Mode スイッチ
    Auto DX 回路
    OTS
    Mode スイッチ
    オートブレンド
    Rec キャリブレータ
    デジタルステーション表示
    マルチパス端子
    総合  
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    消費電力 18W
    外形寸法 435(W)×70(H)×349(D)mm
    重量 7kg
    その他  
    発売時期 1978年
    定価 130,000円