YAMAHA T-5

YAMAHA T-5 をゲット!

2009年6月21日、私のチューナーページのファンから YAMAHA T-5 の不具合品の寄贈を受けました。

寄贈者からのコメントは以下です。



程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 入手した状態のまま電源 ON してチェックしました



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは良く、部品が綺麗に整然と並んでいます。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. IC を使用して合理化が図られています。


  3. FM フロントエンド

  4. FM IF 部

  5. 検波部

  6. MPX 部

  7. AM 部

  8. 使用 IC のロット番号より、この T-5 は1979年製と判明しました。 電源ケーブルの製造マーキングも1979年でした。



修理&クリーニング



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 T-5 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : FM
    REC CAL : OFF
    MUTING : OFF
    - -  
    2 76MHz 30dB
    変調 : なし
    76MHz 受信 同調指針の
    位置を調節
    IC102 の 1pin 左にある
    220Ωの右側波形 = 最大
    シンクロスコープで観測
    3 90MHz 30dB
    変調 : なし
    90MHz 受信 OSC トリマ IC102 の 1pin 左にある
    220Ωの右側波形 = 最大
    シンクロスコープで観測
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 76MHz 30dB
    変調 : なし
    76MHz 受信 RF コイル×2 IC102 の 1pin 左にある
    220Ωの右側波形 = 最大
    シンクロスコープで観測
    6 90MHz 30dB
    変調 : なし
    90MHz 受信 バリコン上の
    RF トリマ×2
    IC102 の 1pin 左にある
    220Ωの右側波形 = 最大
    シンクロスコープで観測
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 83MHz 90dB
    変調 : なし
    83MHz 受信 T102 同調針 = 両サイドの緑ランプ点灯 FM 同調点調整
    9 83MHz 90dB
    変調 : MONO 1kHz
    83MHz 受信 TC101 オーディオ出力 = 高調波歪率最小 MONO 歪率調整

  2. MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 T-5 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : FM
    REC CAL : OFF
    MUTING : ON
    - -  
    2 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : OFF
    変調 : OFF
    83MHz 受信 VR-VCO VR-VCO 左上側15kΩの
    フロント側周波数 = 76kHz±200Hz
    VCO フリーラン周波数
    周波数カウンタで測定
    3 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : STEREO 1kHz
    83MHz 受信 VR104
    VR101
    T101
    オーディオ出力 = 高調波歪率最小 STEREO 歪率調整
    5 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : R ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR-SEPARATION(L) L ch. オーディオ出力電圧 = 最小 WIDE セパレーション調整 (L←R)
    6 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR-SEPARATION(R) R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 WIDE セパレーション調整 (R←L)

  3. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 T-5 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : AM
    REC CAL : OFF
    - -  
    2 600kHz 60dB 600kHz 受信 T103 SQ メータ = 最大  
    3 1400kHz 60dB 1400kHz 受信 OSC トリマ SQ メータ = 最大  
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 600kHz 40dB 600kHz 受信 T104 SQ メータ = 最大  
    6 1400kHz 40dB 1400kHz 受信 RF トリマ SQ メータ = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整

  4. 調整結果

    1. 感度は少しアップしました。

    2. 再調整後のスペックは以下となりました。 唯一キャリアリークの数字が悪いですが、これは調整回路が組み込まれていないためで、やむを得ないです。

    3. FM ステレオセパレーションなどは良好な数値です。

      項目 L R 単位
      ステレオセパレーション 65 55 dB
      パイロット信号キャリアリーク -34 -32 dB
      オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 +0.06 dB
      REC LEVEL CHECK 信号 -4.0
      316.4Hz
      -3.9
      316.4Hz
      dB



使ってみました

  1. YAMAHA のデザインはなかなか良いです。

  2. 機能関連

  3. FM はエントリー機にも関わらず良好な音質です。 FM フロントエンドが3連バリコンなので、感度や妨害電波排除性能が上位機に劣るのですが、普通にはこれで十分と思います。 FM フロントエンドが4連バリコン以上だったら名器だったかもしれないです。

  4. AM は十分な感度で、それなりに音も良いです。

  5. 総合的にみて T-5 はよくできています。 エントリー機としては非常に優れています。



仕様&その他