Pioneer TX-8900

Pioneer TX-8900 をゲット!

2015年9月6日、 Pioneer TX-8900 の中古ジャンク品を税込900円で入手しました。

入手した動機はこのマシンに搭載されている 分布定数形遅延線検波 に興味があったからです。 Pioneer では [超広帯域直線検波] や [PBLD] と呼んでいます。 Pioneer F-007 で PBLD はとりあえず経験していましたが、じっくり研究したいと思いました。

販売コメントは「通電チェックのみのジャンク品」です。

本機のシリアルナンバーは [VE1012647] です。



早速、程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 入手した状態のまま電源 ON してチェック

  3. 以上の状況から想像されるのは以下



カバーを開けてみました

  1. 古き良き時代の作りです。 機能別に複数の基板・パーツで構成します。 コストがかかっています。

     


  2. 以下の IC を使用して合理化が図られています。

    メーカ IC 機能
    HITACHI HA1211 FM IF Amplifier
    HA1137 FM IF System
    HA1138 AM Electronic Tuner
    HA1156 PLL FM Stereo Demodulator
    MITSUBISHI M5109PR 差動増幅器 (デュアル)

  3. FM フロントエンド

  4. FM IF 部

  5. FM 検波部

  6. FM MPX 部

  7. FM MUTING 部

  8. AM 受信部



修理

  1. FM 受信で S メータおよび T メータが全く動作しない。

  2. 右チャンネルからはバリバリという雑音しか出ない。

  3. 以上の修理後、新たに VALIABLE 出力の左チャンネルから時々バリバリという雑音が出ることが判明しました。

  4. トランジスタの故障が多い (2SA725/2SC1312) と感じたので、以下のトランジスタも予防交換しました。

  5. まとめると今回交換した IC×1個、トランジスタ×10本でした。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 調整ポイント

    基板 FM/AM
    区分
    種別 調整ポイント 調整内容 参考図
    フロントエンド FM L T1, T2, T3, T4 RF 図-1
    TC TC1, TC2, TC3, TC4
    L T5 OSC
    TC TC5
    IFT T6 IF
    チューナ基板 FM IFT T1, T2, T3, T4, T5 IF 図-2
    IFT T6 同調点
    VR VR1 S メータ
    VR VR2 ミューティングレベル
    VR VR3 PBLD バランス
    AM L バーアンテナ, T7 RF
    TC TC2, TC3
    L T8 OSC
    TC TC1
    IFT T9, F5 IF
    MPX 基板 FM VR VR1 MPX VCO 図-3
    VR VR2 ステレオセパレーション
    AF 基板 FM/AM VR VR1 REC CAL レベル 図-4

     

     

  2. 電圧チェック

    基板 TP 標準値 実測値
    電源基板 2, 3, 4 +13V +13.34V
    5 -13V -13.12V

  3. FM 受信部の調整

    (注) 手順13〜14はピークが判り辛いのでパスしてもよい。 サービスマニュアルには「チューナ基板の T1〜5 は触らないこと」と記載あり。

    手順 SSG周波数 SSG出力 TX-8900 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : FM MONO
    MPX NOISE FILTER : OFF
    MUTING : OFF
    - -  
    2 10.7MHz 90dB
    変調 : MONO 1kHz (100%)
    SSG 出力を
    チューナ基板 TP9 に注入
    チューナ基板
    VR3
    チューナ基板
    VR3 摺動子接点 (センター) = 0V
    PBLD オフセット調整
    3 チューナ基板
    T6 上側コア
    チューナ基板
    TP12 オーディオ出力 = 高調波歪最少
    同調点調整 (QR 検波)
    4 チューナ基板
    T6 下側コア
    T メータ = センター (0V)
    5 手順3と4を数回繰り返す
    6 78MHz 90dB
    変調 : OFF
    78MHz 受信 フロントエンド
    T5
    T メータ = センター (0V) OSC トラッキング調整
    指針をダイヤルスケールに
    合わせる調整
    7 88MHz 88MHz 受信 フロントエンド
    TC5
    8 手順6と7を数回繰り返す
    9 78MHz 10〜30dB
    変調 : OFF
    78MHz 受信 フロントエンド
    T1, T2
    T3, T4
    S メータ = 最大 RF トラッキング調整
    10 88MHz 88MHz 受信 フロントエンド
    TC1, TC2
    TC3, TC4
    11 手順9と10を数回繰り返す
    12 83MHz 10〜30dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 フロントエンド
    T6
    S メータ = 最大 IF 調整 (フロントエンド)
    13
    (注)
    10〜30dB
    変調 : MONO 1kHz (100%)
    チューナ基板
    T1, T2, T3
    T4, T5
    チューナ基板
    T5 2次側波形 = 最大
    IF 調整
    オシロスコープで観測
    14
    (注)
    チューナ基板
    T1, T2, T3
    T4, T5
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 IF 調整
    T1〜5 は±90度以内が目安
    15 10dB
    変調 : MONO 1kHz (100%)
    83MHz 受信
    MUTING : 1
    チューナ基板
    VR1
    VR1 を一旦反時計方向に回し切り
    徐々に時計方向に回しミューティング
    がかかったらストップ
    ミューティングレベル調整
    16 100dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 チューナ基板
    VR2
    S メータ = 5 S メータ調整
    17 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    83MHz 受信
    FUNCTION : FM AUTO
    MPX 基板
    VR1
    VR1 を一旦反時計方向に回し切り
    徐々に時計方向に回し STEREO
    ランプが点灯する位置を記録・・・(1)
    VR1 を一旦時計方向に回し切り
    徐々に反時計方向に回し STEREO
    ランプが点灯する位置を記録・・・(2)
    VR1 を(1)と(2)の中間に設定する
    MPX VCO 調整
    18 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : R/L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 MPX 基板
    VR2
    L/R ch. オーディオ出力 = 最小 セパレーション調整
    19 90dB
    変調 : MONO 400Hz (100%)
    - オーディオ出力電圧 = レベルを記録 REC LEVEL CHECK 調整
    20 - - FUNCTION :
    REC LEVEL CHECK
    AF 基板
    VR1
    オーディオ出力電圧
     = 手順19の1/2 (-6dB)

  4. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 TX-8900 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : AM - -  
    2 455kHz 80dB
    変調 : 400Hz (30%)
    SSG 出力を
    チューナ基板の TP2 に注入
    チューナ基板
    F5, T9
    オーディオ出力 = 最大 IF 調整
    3 600kHz 30dB
    変調 : 400Hz (30%)
    600kHz 受信 チューナ基板
    T7, T8
    バーアンテナ
    トラッキング調整
    4 1400kHz 1400kHz 受信 チューナ基板
    TC1, TC2, TC3
    5 手順3と4を数回繰り返す

  5. 調整結果

    項目 L R 単位
    ステレオセパレーション 50 49 dB
    パイロット信号キャリアリーク -72 -69 dB
    オーディオ出力レベル偏差 (MONO) 0 -0.12 dB
    REC LEVEL CHECK 信号 -6.7 -6.6 dB
    422 Hz



使ってみました

  1. アクセントを持たせたシンプルデザインに好感

  2. 機能関連

  3. 性能・音質



仕様その他

  1. TX-8900 の輸出型式 TX-9500 のドキュメント

  2. 仕様は以下です。

    FM 受信部
    実用感度 (75Ω) mono 0.75uV
    S/N 比 50dB 感度 (75Ω) mono 1.25uV
    stereo 17.5uV
    S/N 比 mono 80dB
    stereo 75dB
    高調波歪率 mono 0.15% (100Hz), 0.15% (1kHz), 0.15% (10kHz)
    stereo 0.2% (100Hz), 0.2% (1kHz), 0.5% (10kHz)
    キャプチャーレシオ 1.0dB
    実効選択度 85dB (400kHz)
    55dB (300kHz)
    ステレオセパレーション 40dB 以上 (1kHz)
    35dB 以上 (50Hz〜10kHz)
    周波数特性 50Hz〜10kHz +0.2 -0.5dB
    20Hz〜15kHz +0.2 -1.5dB
    イメージ妨害比 110dB
    IF 妨害比 110dB
    スプリアス妨害比 110dB
    AM 抑圧比 55dB
    キャリアリーク抑圧比 65dB
    ミューティング動作レベル (75Ω) mute-1 2.5uV
    mute-2 11uV
    アンテナインピーダンス 75Ω不平衡型 / 300Ω平衡型
    AM 受信部
    実用感度 300uV/m (バーアンテナ)
    15uV
    選択度 40dB
    S/N 比 50dB
    イメージ妨害比 65dB
    IF 妨害比 85dB
    総合
    出力レベル/インピーダンス Fixed 650mV/5kΩ
    Variable 70mV〜2V/3.5kΩ
    4ch MPX 400mV/2.5kΩ
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    定格消費電力 18W
    外形寸法 420(W)×150(H)×365(D)mm
    重量 9.1kg
    その他
    発売時期 1975年
    定価 65,000円