Dell Latitude E7270 (Core i7-6600U)

Dell Latitude E7270 (Core i7-6600U) をゲット!

2021年3月18日、アキバの アールガーデン で法人向け Core i7-6600U ウルトラブックDell Latitude E7270 の中古ジャンク品が 税込18,500円 でした。 2016年1月20日発売のハイエンド機で、実売価格16万円くらい (構成で変わる) だったようです。 筆者が買ったスペックでは現在時点 (2021年3月) での中古相場は6万円くらいです。 ジャンクということで格安です。

プライスカードに 質問にはお答えしません、ご自分で判断ください とあり、お店で、ご自分で状態と動作をチェックしました。

外観は並みの中古で、キートップにハゲがありますが、ちゃんと動作するようです。 付属品は [AC アダプタ] だけです。

本機の値段は Windows10 Pro/64bit の正規ライセンス料 (2万円) より安いです。 この値段が買うかどうかの基準だったりします。



自宅に持ち帰り、じっくり状態チェック

  1. 外観

  2. 電源を入れて動作確認

  3. ということで、ジャンクの理由は以下だと思います ・・・ 買った後で理由判明って、今回はスリル満点のお買い物!



リペア

  1. キーボードのキートップに塗装ハゲがあって醜い

  2. 内蔵バッテリが寿命になっている

  3. USB3.0 ポートの1つが動作しない

  4. Bluetooth が使えない

  5. メモリを増設したい ・・・ これは修理ではなく、アップグレード

  6. 全体のクリーニング

  7. パソコン修理は楽しいね〜



使ってみました

  1. デザイン

  2. 内蔵 SSD に [SSD フレーム冷却プレート] (放熱器) が装着されている

  3. 外部接続端子は少ないが、これで十分

  4. SupportAssist をインストール

  5. サクサクと軽快に動作



分解の記録

  1. 概要

     

  2. メインボードの外しかた

  3. キーボードの外しかた



  4. リアパネル側に出ている USB3.0 コネクタ

     



仕様その他

  1. ドキュメント

  2. 新製品ニュース

  3. レビュー記事

  4. 参考記事

  5. 購入した E7270 の概略仕様

    項目 内容 コメント
    シリーズ Latitude 12 7000 シリーズ 12 は LCD のインチ数
    LCD 12.5インチ、アンチグレア、1366×768ドット やや狭いが問題なく使える
    OS Wndows10 Pro 64bit デフォールト OS
    CPU Intel Core i7-6600U
    (デュアルコア、2.6GHz、4M キャッシュ、15W)
    本機はシリーズ最上位 CPU
    ノート PC 向け低消費電力
    メモリ 8GB → 16GB に増設 普通は 8GB で十分と思う
    ストレージ M.2 NVMe SSD 256GB 本機はシリーズ最上位容量
    グラフィックス Intel HD Graphics 520 ごく普通
    オーディオ Realtek ALC3235 4チャネル HD オーディオ
    Wi-Fi IEEE802.11ac/a/b/g/n 2×2ストリーム、11ac が使える
    Bluetooth 4.1 LE ノートでは必須と思う
    Web カメラ 1280×720ドット テレビ会議に十分
    スマートカードリーダ 接触/非接触の両方に対応
    指紋認識リーダ オプションだが搭載済
    光学ドライブ × ウルトラブックだからね
    端子 USB3.0×3
    HDMI
    mini DisplayPort
    LAN 端子 (RJ45)
    SD カードスロット
    マイク/ヘッドフォン/スピーカ端子
    uSIM スロット
    ドッキングポート
    DC 電源入力端子
    これだけあれば普通には十分
    適合バッテリ 7CJRC 42Wh (11.4V 3530mAh)
    J60J5 55Wh (7.6V 7080mAh)
    いずれも本体内に内蔵する
    寸法 310.5(W)×18.85(H)×215.15mm やや薄型
    重量 1.26kg やや軽量