GARMIN eTrex 20x

【お断り】 日本語化の手法については先人の努力の結果を流用&参考にしました。 独自に工夫した箇所もあります。



GARMIN eTrex 20x をゲット!

2017年4月1日12時10分、 GARMIN ハンディ GPS の EU 版 eTrex 20x が到着しました。 [EU 版 20x]=[USA 版 20x]+[ヨーロッパ詳細地図] かな?

eTrex 20xJ という日本版もあるのですが、税抜44,800円もします。 完全に予算オーバです。

ふと、USA 版の国内価格を見ると税込27,000円程度じゃないか。 ひょっとして海外へ発注するともっと安く買えるかも ・・・

結局、スペインの trekk-INN で EU 版が 18,052円+送料683円=合計18,735円 でした。 輸出入にはたいてい税金がかからない (税関員の判断による。) ので、この値段でゲット!できます。 2万円以下だったら予算内なので、2017年3月23日に発注しました。

海外版 eTrex 20x でもチョチョっと細工すれば操作メニューや地図を日本語化できます。 この日本語化作業にとっても興味があります。

eTrex 20x には 30x という上位機種があります。 30x にあって 20x にない機能は [電子コンパス] [気圧計] [ANT+] です。 私はチャリンコの街中走行で使う前提なので、後二者は全く不要です。 [電子コンパス] も街中に人工的な磁気が存在(例えば道路の信号機)しており、これらの影響でマトモな方角で出ないの不要です。 [電子コンパス] があっても結局 OFF にして使うので、最初からないほうがよいのです。 登山で使う方には [電子コンパス] があったほうがよいでしょう。

23日朝に trekk-INN に発注して23日夕方に「発送しました」とメール連絡があり、しばらくして荷物追跡番号が判りました。

荷物追跡番号より発送国が NL と判りました。 NL とはネバーランドか?

靴下を吊るしておいたらピーターパンが飛んできてそこに荷物を入れてくれるか?

電網で「NL」って調べるとネザーランドでした ・・・ ヨーロッパにこんな国がありましたっけ?
更に調べると ネザーランド=オランダ でした。 何で国名と英語名が違うのでしょう?

[Japan=にっぽん] みたいなものか!

スペインに発注してなぜオランダから来るのか謎深い ・・・
以下は27日より日本郵便のページで荷物追跡できるようになったトレース結果です。





まずは初期データのバックアップ

  1. 初期データのバックアップのしかた

  2. 右は購入時のファームウェア Version 2.30 の [\Garmin] フォルダを開いたものです。



ファームウェアを最新バージョンにアップデート

  1. GARMIN のダウンロードページ より [WebUpdater] をインストールします。

  2. [WebUpdater] を起動するとパソコンに USB 接続している eTrex 20x を認識して、アップデートがあるか検索してくれます。

  3. アップデートがあった場合、eTrex 20x を再起動するとファームウェアのアップデートが始まります。



日本語フォントを導入

  1. 日本語フォントのダウンロード

  2. [DroidSansJapanese-Bold.ttf] を eTrex 20x で扱えるよう加工

  3. 日本語フォントを eTrex 20x に適用



操作メニューの日本語化

    【注意】 eTrex 20x に日本語フォントが導入されていないと、操作メニューの日本語が表示できません。

  1. 日本語メニューの抽出

  2. 日本語メニュー [Japanese.gtt] を見易くするために編集します。

  3. 日本語メニュー [Japanese.gtt] を eTrex 20x に適用

  4. 操作メニューの言語選択

  5. 英語操作メニューと日本語操作メニューの比較

     



OSM 日本語地図を導入

    【注意】 eTrex 20x に日本語フォントが導入されていないと、地図の日本語が表示できません。

    【謝辞】 OSM (OpenStreetMap) を利用した無料の GARMIN 用地図を作成・配布している ガーミンヂバイスのための日本語の OSM を、ありがたく利用させていただきます。

  1. 8GB の microSD カードを用意し、ルートに [Garmin] という名前のフォルダを作成します。

  2. Downloads のページ から [日本語] [等高線無] [UTF-8] 版をダウンロードします。 zip ファイルです。

  3. 日本語 UTF-8 地図認証作業 ・・・ 偽装工作

  4. ファームウェアのアップデートをしたら再度認証が必要です。 次回からは以下のようにします。



Waypoint の日本語化

    【注意】 eTrex 20x に日本語フォントが導入されていないと、Waypoint の日本語が表示できません。

  1. 調査してみた



使ってみました

  1. デザイン

  2. スペックのハイライト

  3. 実際に使ってみた



コンパスナビモードで使う

  1. コンパスナビモードでは右のような表示となります。

  2. 地図はチャリンコを停車してから見ることになります。

  3. 地図を停車時にしか見ないのであれば、スマホの地図のほうがよいです。 スマホとの併用が合理的です。



マップナビモードで使う

  1. マップナビモードはルート情報 (道路情報) を使ったナビゲータです

  2. eTrex 20x にはオートルート機能があって、ルート情報を自動生成できます。 手順は以下です。

    1. [目的地検索] メニューで目的地までのナビを開始します。 (ここまではコンパスナビモードと同じ)

    2. [menu] ボタンを2回押してメインメニューに戻ります。

    3. ここで再度、[目的地検索] メニューを選択すると、右のような画面が」出るので [オンロードで再計算] を選択します。

    4. [計算中・・・] の表示が出てルートを自動計算してくれます。

    5. ルート計算が終わると地図表示になり、進むべき道をピンク色で表示してくれます。

  3. マップナビの例

     

     

  4. 実際にマップナビを使ってみて、かなりマトモと判りました。 実用的に使えます!



ドキュメント