TOSHIBA CUTEBEAT TY-CDS7

TOSHIBA CUTEBEAT TY-CDS7 をゲット!

2019年7月10日、 ハードオフ 越谷草加 BP 店で CD ラジカセの TOSHIBA CUTEBEAT TY-CDS7 のジャンク品が税込1,080円でした。 2015年6月20日発売で、オープン価格ですが発売当初の実売価格は7千円程度でした。

本機を購入した2019年7月の時点で、まだ辛うじて現役モデルです。 メーカ在庫限りでしょうけど、5千円台で販売されています。

ジャンクの理由は [音量調節ができない] です。

付属品は [AC ケーブル] で、欠品は [取扱説明書] だけです。

購入品の製造年は2017年、製造番号は [170193697S0] です。

[綺麗な逸品] [DSP radio の予感] [お手頃価格] でゲット!しました。



状態チェック

  1. 外観

  2. 動作チェック



分解、調査、修理

  1. 分解

    1. 底面から見える8本のプラスネジを外すと、上部と下部に分離できます。

      • 右の写真で 赤〇青〇 で囲ったプラスネジです。

      • 赤〇 は 12mm 長、 青〇 は 8mm 長です。 組立時に間違わないよう注意します。

      • 結合爪などは無いので、簡単に分離できます。

      • 分解が簡単なのでメンテナンス性が良いと言えます。

    2. 上部と下部を分離

      • 左の写真は上部側で、右の写真は下部側です。

      • 下部から延びている [バッテリボックスからのコネクタ] [電源トランスからのコネクタ] を外すと完全に分離できます。

      • 上部側には [メイン基板] [スピーカ&カセット機構] が見えます。 AM バーアンテナの長さは 50mm です。

      • 下部側には AC100V で使う時の電源トランスが見えます。

       

    3. 上部側から更に [スピーカ&カセット機構] を分離

      • 左の写真は上部側で、右の写真は [スピーカ&カセット機構] です。

      • [メイン基板]〜[スピーカ&カセット機構] を結合する2個のコネクタを外すと完全に分離できます。

      • 上部側には [メイン基板] [操作基板] が見えます。 [操作基板] に交換が必要なタクトスイッチが実装されています。

      • [スピーカ&カセット機構] には [カセット基板] が見えます。

      • スピーカは、直径 80mm / 4Ω / 3W でマグネットが大きい良質そうなものを使っています。

       

  2. 修理 ・・・ タクトスイッチ交換

  3. メイン基板

  4. 使用 IC



使ってみました

  1. デザイン

  2. 操作ボタン

  3. 端子

  4. ラジオ

  5. CD プレーヤ

  6. カセット録再

  7. 評価

    1. 操作性

      • 取扱説明書を読まなくてもすぐに使うことができます。 操作性は良好です。

    2. 音質

      • この部類の機器としては、まあまあの音です。 ソフト気味に聴こえます。

      • [音質切換] ボタンで低音増強できます。 常に ON で使ったほうがよいです。

    3. その他

      • 各種設定情報は EEEPROM に記憶しているようで、電源消失しても消えないのがよいです。



仕様など

  1. ドキュメント

  2. プレスリリース

  3. 新製品紹介記事

  4. 仕様



  5. 発売時情報

    その他 内容
    発売開始時期 2015年6月20日
    定価 オープン (発売当初の実売価格7千円程度)