SONY ST-S333ESG

SONY ST-S333ESG をゲット!

2006年3月17日、ヤフオクにて SONY ST-S333ESG のジャンクを入手しました。 「局間ノイズは出るが放送局を受信できない」・・・現象らしく、送料込で3,000円でした。

到着後、状態&動作確認しました。



SONY ST-S333ESG について

ブロックダイヤグラムを示します。 なかなか凝った、素晴らしい回路構成です。





カバーを開けてみました

  1. 写真をよく見てください。 なかなか凄まじい凝った作り になっているのが判るでしょう。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. 基板は紙エポキシの綺麗なものです。 SONY らしく合理的に部品配置されています。 部品もかなり良いものを使っています。 回路的には、ほぼディスクリート構成のようです。 シルク印刷に機能が書かれているので、機能ブロックが大体見当つきます。

  3. FM フロントエンド部はオール FET で4連バリキャップ方式です。 同調回路はトラッキング調整できる構成です。

  4. FM IF 部にユニフェーズ CF フィルターを4個使用しています。

  5. FM 検波部は PLL 検波となっています。

  6. FM MPX 部の使用 IC が SONY ST-S333ESXU の SANYO LA3350 から SONY CXA1064 に変更されました。 CXA1064 は、おそらく SONY ST-S555ESX の MPX 回路を IC 化したのだろうと推定します。

  7. AM 部は SANYO LA1245 を使って全てを構成します。 AM フロントエンドの VT 電圧トラッキング調整はできますが、RF トラッキング調整はできない構成です。

  8. 全体的にグレードの高そうな電解コンデンサを使っています。 (茶色 - ニチコン AVF 85℃, 黒色 - ニチコン NEGATIVE BLACK 85℃, 青色 - ニチコン VX 85℃)

  9. 基板左下のスーパーキャパシタ ELNA 0.1F 5.5V は、プリセットメモリ記憶用です。

  10. 以下の IC を使用して合理化が図られています。


  11. 使用 IC のロット番号より、この ST-S333ESG は1989年製と判明しました。 電源ケーブルの製造マーキングも1989年でした。



修理

  1. 受信周波数表示が変わるが全く放送が受信できない。

  2. 半田クラックのチェック

  3. しばらく使っていたら、新たな不具合が発生しました。 それは「1週間くらい電源を入れないで放置するとプリセット情報が消えてしまう。」です。



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. FM 同調点の調整

  2. FM フロントエンドの調整

  3. FM PLL 検波部の調整

  4. FM MPX 部の調整

  5. WOIS 歪補正の調整

  6. FM 各種レベルの調整

  7. AM 部の調整

  8. 調整結果



使ってみました



レベルメータ



仕様